【テキストエディタ】30代でも分かる初心者にオススメ入門!Brackets編+E-girls解散

30代IT企業転職!ブログにようこそ。

種類が多いテキストエディタですが「どれがいいの?」「初心者向けはある?」など

悩みはありませんか?

調べてみたけど結局何を使っていいのか分からない!初心者の30代からしたら頭の中が???ってなる事も多いかなと。

今テキストエディタを探している人のあなたのために、初心者向けエディタ選びについてお話をしていきます。

Twitter

E-girls解散とはビックリしました。
車内で聴いている事が多く、昔からアルバムを購入しているので悲しいですね!

歌・ダンスが上手くてとても好きでした。残り1年応援してますので頑張って下さい!

本題

本日は前回に引続きテキストエディタを記事にしたいと思いますので、まだの方は是非読んで下さい。


前回同様にエディタは数多く好みに分かれると思いますが、30代でも分かりやすく使いやすいエディタを紹介していきます!

Brackets

Adobeが提供している無料のエディタ。Adobeのテキストエディタで代表的なのは「Dreamweaver」とイメージしますが、挙動が重かったり無駄な機能もありますので、使ってみた時良い印象が無かったですね。

メリット

最初から日本語
クイック編集
ライブビュー編集可能
軽い

インストール

Googlechromeをインストールしておきましょう。ライブビューがとても便利なので使用出来る環境に!

Windows編

  1. Bracketsをインストール
  2. 画面中央のダウンロードボタンをクリック
  3. ダウンロードしたフォルダを開く
  4. インストール
  5. 完了

Macは飛ばします

プラグインのインストール

  1. 画面右端のブロックアイコン(拡張マネージャー)をクリック
  2. 拡張機能マネージャーが立ち上がる
  3. 検索窓から希望の拡張機能を選びインストールで完了

おすすめプラグイン

Emmet
使いこなせると便利
コーディング速度が上昇します

Beautify
コードを綺麗に整えてくれるので必須
自分で手直しより簡単

Brackets Icons
ファイルの種類ごとにアイコン表示
視覚的に見やすくなります

Select Lines
行番号をクリックし一行選択可能にする
必須かなと思います

CSSFier
HTMLコピーしCSSに貼り付けするとID・class名を含め変換してくれる

Add HTML template
HTMLのテンプレートを入力してくれる

Minimap
画面右側にコード全体像が表示される

Brackets Outline List
開いてるファイル構造をアウトライン化し表示してくれる
コード内移動が簡単になりすぐ編集できる

評価

使いやすさ
★★★★★

初心者向け
★★★★★

導入しやすさ
★★★★★

導入もしやすいので満点
現在メインエディタとをして使用していますが、1番使いやすいし何よりライブビューが便利

どのタグを編集してるのかが一発で判断でき初心者にはとても助かります。