【SNS広告比較】Twitter・Facebookの広告効果+忘年会スルーについて

30代IT企業転職にチャレンジ!ブログにようこそ。

今日は朝から腹痛で起きてしまい目覚めが
悪かったですね。冷えたのかな
皆さんも暖かくして寝るようにしましょう!

Twitter

「忘年会スルー」増加!?がトレンドに上がる時代とは驚き。

確かに面倒くさい・気を遣うなどありますが
基本的に忘年会は行きたくない派です。

会社の忘年会は全て断っていました
断るのも気を遣いますが参加の選択肢は
それぞれにある方がいいね!
裏で何言われるか分かりませんがw

本題

前回のTwitterFacebookの広告効果を比較!

どのくらい違うのか気になっていたので
実験を兼ねて結果を報告したいと思います。

各予算2000円で始めてみました。

Facebook

日数:10日
金額:2200円
結果:リーチ人数750人
エンゲージメント数85人

Twitter

日数:4日間
金額:2000円
結果:インプレッション数11,600人

月間利用ユーザー数(全世界)

Facebook:24.14億
Twitter:3.3億

月間利用ユーザー数(国内)

Facebook:2.800万
Twitter:4.500万

年齢層

Facebook:20代~40代
Twitter:10代~20代

Twitter

拡散力があるのはTwitterですかね
活発に行われる「リツイート」を重視し
テレビとの連携も実施されています。

Facebook

日本では人口の約30%の利用率ですが
まだ伸びしろはあると思います。

年齢層が高く30代~40代が多い事
実名制であることに加え、プライベートの利用だけでなくビジネス同士のやり取りも活発。

広告効果はどっち!?

Twitterに軍配があがるかと思います
広告代と日数が少なかったのでデータが足りませんが、広告を考えてる人の参考になれば嬉しいです!

今後も広告を利用すると思うので毎月に報告出来れば良いかなと思ってます。